トロント大学名誉教授のジェフリー・ヒントン(71)が人の脳の仕組みをまねた深層学習(ディープラーニング)を駆使して人工知能(AI)革命を起こした2012年。世界のAI研究者を驚かせた出来事がもうひとつあった。米グーグルがコンピューターに猫の顔を認識させることに成功したのだ。

■コンピューターが猫の顔を認識



人間と違い、コンピューターが猫を猫と断定するのは簡単ではない。グーグルはユーチューブの動画から1000万枚の画像データを取り出して、AIに猫とは何かを学ばせた。ここにもディープラーニングの理論が使われていた。

グーグルが「AI大国」をめざし本腰を入れ始めたのは、この2年前。きっかけはグーグル創業者、ラリー・ペイジ(46)と2人のAI研究者との出会いだった。

その1人がスタンフォード大学教授だったセバスチャン・スラン(52)。2005年に米国防高等研究計画局(DARPA)主催の自動運転車の賞金レースで優勝。実力を買ったペイジが2010年にグーグルにスカウトした。

誘い文句は「ムーンショットに挑戦しないか」。ペイジが自動運転のハードルの高さを、アポロの月面着陸計画のキャッチフレーズになぞらえたことを、スランは今も覚えている。

スランはスタンフォード大に籍を置きつつ、その年にグーグルが設けた秘密組織「グーグルX」のトップとして、AIを使った自動運転技術の開発を進めた。

■2人の立役者

スタンフォード大のスランの隣の部屋でAIを研究していたのがアンドリュー・ング(43)。2人は米東海岸にあるカーネギーメロン大学を経て、西海岸に移ったという共通項を持つ。

ングは当時、こんな思いを強くしていた。「これからのAI研究はいかに大量のコンピューターを使うかがモノを言う世界になる」。グーグルの世界最先端の設備はまさに最適な環境だった。

2010年3月のある日、2人は夕食をともにする約束をしていた。スランはそこにペイジを誘った。ングは初対面のペイジに思いを伝えようとプレゼン資料を用意していた。

3人が腰を落ち着けた高級日本料理店。パソコンを取り出す雰囲気ではないと感じたングは、ペイジに強い口調で語りかけた。

「グーグルが持つコンピューターを駆使して巨大なニューラルネットワークを築くべきです」。こう言うとAI大国への野望を持つペイジは関心を示した。「提案書を書いてくれ」。後日、ングは6ページの書類をまとめてペイジに送った。これがグーグルのAI研究機関「グーグルブレイン」の設立へとつながる。

ングがペイジに出した6ページの提案書の作成を手伝ったのがエンジニアのジェフ・ディーン(51)だ。ディーンはグーグルにある、エンジニアが就業時間の20%を好きなプロジェクトに使える、いわゆる「ルール」を使ってAIを研究していた。だがングとともに次第にグーグルブレインにのめりこんでいく。

グーグルのAI集団に異才が集まり始めた。

猫の顔を識別する手法は、ングのもとにいたインターン生のアイデアだった。参考にしたのはヒントンの論文だという。ングもヒントンから強い影響を受ける。「ジェフを『AIのゴッドファーザー』と呼び始めたのは実は僕」。ングは明かす。グーグルは2013年にヒントンもフェローとして招きAIの研究を強化していく。

■日本のスタートアップに触手

グーグルはAI大国の実現の過程で、日本のスタートアップにも手を伸ばした。

2013年、グーグルはヒト型ロボットの開発で知られる東京大学発スタートアップ「SCHAFT(シャフト)」を買収。AIの頭脳を持つロボットの開発がねらいだった。

シャフトは東大の研究者だった中西雄飛(37)と企業再生を手がけた経験を持つ加藤崇(40)が2012年に創業した。当初、中西らは「AKB49」と名付けた女性ヒト型ロボットを実用化したいと考えていた。

「誰がこれにお金を出すと思いますか」。加藤が問いかけると、中西は答えた。「秋元康さんかアラブの石油王でしょうか」。結局、より地に足のついた、災害時に人間の代わりとなる作業ロボットの開発へとカジを切った。
続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM