横浜市の板東洋介さん(仮名、42)は毎週末、普段は元妻と暮らす息子(9)と公園で遊ぶ時間を心待ちにする。離婚から2年たち、元妻と会っても会話はほとんどない。「離婚はDNAデータが決め手だった。後悔はしていない」と話す。

結婚は8年で冷え切ったが、息子もいて終止符を打つか当時は迷った。「判断材料がほしくて」遺伝子検査の相性判定サービスに頼ると、相性スコアは「48%」。「(この遺伝子パターンでは)長続きするカップルは少数」と説明された。板東さんは「生物的に合わないならと吹っ切れた。妻も納得した」と振り返る。

利用者は300人超

サービスを提供した結婚相談所の社長、伊達蝶江子氏は「判定にはスイス企業の技術を使う。参考にする人は結婚や離婚の決断が速い」と話す。遺伝や心理学の複数の専門家は「遺伝子が人間関係に影響する可能性はあるが科学で未解明の部分も多い。『相性がわかる』と信じ切らないほうがいい」(米ニューヨーク州立大のリチャード・マットソン准教授)と否定的な意見を示す。しかし利用者は増え300人を超えた。

データは将来の安全な選択肢をはじき出す、その人の最良の理解者なのか。西垣通東大名誉教授(情報学)は「過去を熟知した人工知能(AI)はリスクをなくす助言が可能かもしれない。でも間違いのない人生には偶然の出会いや発見もない」という。それは本当の幸せと言えるだろうか。

故人と「会話」

それでも技術の進歩は止まらない。亡くなった家族と話したい。そんな願いすら、かなえられる。


パソコンを通じて「AIボット」と会話するヒアアフター創業者のブラホス氏

「父さん、大学時代の新聞部の話をしてよ」。米カリフォルニア州のジェイムズ・ブラホス氏は時々、2年前に亡くした父との「会話」を楽しむ。相手は生前の父のデータを集め、話しぶりを再現したAIだ。同氏は「父のジョークを聞くとうれしくなる」と笑う。

ブラホス氏は「死後も家族と話せる、自分の分身を作る」企業のヒアアフターを立ち上げ、500人以上の予約を集めた。現在は会話だけだが、技術が進めば再現した人格が意思を示すことができる可能性もあるという。遺産相続や配偶者の再婚などに、死後の自分が意見するかもしれない。

デジタル空間に再現された人格は「デジタルツイン」と呼ばれる。PwCコンサルティング(東京・千代田)の堤裕次郎パートナーは「豊富なデータを高度に分析することで、自分の『分身』作りも可能になった」と話す。将来かかりやすい病気の予測や新薬開発にも応用される。

ただ「分身」作りを手掛けるブラホス氏は悩みを抱える。「デジタル空間の『もう一人の自分』が意思まで示すようにするのは、新しい命を生むようなもの。それは本人と言えるのか偽の複製なのか。わからないんだ」。技術をどこまで高めるか決めかねている。

データが、人生の行方すら予測する時代が訪れた。だが依存しすぎれば振り回され、幸せを見失う。思いがけない出会いや発見をもたらす運や偶然もデータは捉えきれない。計算された答えをどう受け止め、向き合うのか。それは自分自身で決めなくてはならない。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM