資産運用と聞くと、株や証券のイメージが強く、
ギャンブル的な受け取り方をしている人も多いと思う。
実際には、私たちが働くうえでとても重要なことである。

会長は「企業は従業員や顧客、社会に賛同・理解される経営理念を示す必要がある」と。
企業の存在意義は、政府だけでは対応できない不安が、企業の社会的役割が重視される理由と分析する。

これは当たり前のようで、実践者でなければ言えないコメントである。
企業に対するESG投資(環境、社会、ガバナンス)が重要性を増す今日、
ラリー・フィンク会長はESG分析に余念がない。

今年2月に投資先である約450の日本企業に取締役会の質の向上を求める書簡を送った。
冒頭のコメントを指し示す内容であろう。

日本はCSR(企業の社会的責任)を2010年の提唱して、この感覚の企業はまだまだ少ない。

更に会長は言う。
日本経済については「人口減少という逆風を追い風に変えられる」と期待する。
教育水準が高く、テクノロジーに優れた企業が多いため、
ロボティクスや技術の導入を迅速に進めるとみられる。

最後に、会長の言葉を。
社会にどう貢献するか理念を示せてない企業は、
ステークホルダー(利害関係者)の信頼を失い、いずれ事業に支障をきたす。

にほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村

1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM