温暖化ガスや海洋プラスチックごみ(廃プラ)対策が国際的問題となる中、全国各地の祭りやイベントの屋台で繰り返し使える「リユース食器」の導入が広がりつつある。先行して取り組んでいる京都の祇園祭では、ごみが4割減るなど成果も上がっている。ごみ削減に取り組むNPO法人の関係者は「祭りなどを通じてごみ削減を考えるきっかけにしてほしい」と話す。

「ビールいかがですかー」「出来たてだよ」。7月に京都市で開かれた祇園祭。繁華街の大通り沿いにある屋台の焼きそば店は、使い捨て容器の代わりに再利用可能なポリプロピレン製のリユース食器で商品を提供していた。使用した食器は会場に設けた所定のスペースで回収し、専門業者が洗浄処理した上で次のイベントで再利用する。

屋台で焼きそばを購入し初めてリユース食器を使ったという市内の高校1年の女子生徒(16)は「使い捨て容器より頑丈で食べやすい」と歓迎。同級生の女子生徒(15)も「他店もリユース食器で料理を提供してくれたらいいのに」と話した。

祇園祭でリユース食器の導入が始まったのは2014年。賛同店も徐々に増加し、今年は約20万食分が使われた。燃やすごみの量は、取り組み前の2012年が約60トンだったのに対し、来場者が12万人増えた2014年でも約34トンと4割減った。

屋台にリユース食器を提供するNPO法人「地域環境デザイン研究所エコトーン」(京都市)は、京都市や大阪府などからの助成金、企業からの協賛金などを活用し、各地のイベントなどでリユース食器の導入を進める。同法人は天神祭でも2017年からリユース食器を提供し、2019年は約2万食分にのぼった。天神祭などでごみ削減に長年携わるNPO法人ごみゼロネット大阪(大阪市)の小林千恵理事は「ごみ削減の先行事例に育てたい」と期待する。

エコトーンは来年以降もこれらの祭りでリユース食器の浸透を図る計画だ。洛星中学・高校など京都市内の学校10校程度でも、文化祭など屋台を出すイベントでリユース食器を利用する予定という。

7月末から8月3日まで築地本願寺(東京・中央)境内で開かれた納涼盆踊り大会でも、会場に出店した屋台14店中9店で、ポリプロピレン製のコップや皿など5種類のリユース食器約5万枚が使われた。

エコトーンの太田航平代表理事によると、国内でリユース食器を提供する団体や、祭りなどで導入する店舗はまだ少ないという。太田さんは「回収費用がかかるとして敬遠されるが、処理費用が発生しない分、全体の費用は使い捨て容器と大差ない」と指摘。「自治体や飲食店、小売店などがリユース食器の普及を促すための仕組み作りが必要だ」と訴える。

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM