CSR<企業の社会的責任>

人権を尊重した適正な雇用・労働条件,消費者への適切な対応,環境への配慮,地域社会貢献等々,市民としての企業が果たすべき責任をいう。

2011年からCSRに関する規格ISO26000が発行されたが、企業のコンプライアンス、コーポレートガバナンス、ステークホルダー等様々なハードルを越えながら日本企業の社会的生き残りは益々世界視野で精度を上げなければならなくなってきた。

そんな中、2025年大阪での日本国際博覧会開催が決まり、益々日本の躍進が問われている。

CSRは企業の価値を問うものだが、経済的成長と違い社会的価値は産学官民あげてその社会貢献を継続的に行うことが非常に大事になる。

SDGsについては国連が前段のMDGsと違って、その産学官民に直接声をかけ世界を取りまとめている。
世界が動くSDGs。
1.貧困や気候変動など喫緊の課題に対する各国の認識を高めた。
2.グローバル企業として「取り組まなければ社会から存在を許されない」
3.途上国中心から全世界が取り組まなければならないこが広がった。

「誰も置き去りにしない」、このスローガンは包括的に弱者救済を中心に取り組んでいく。

さて、SDGsは民間セクターがイノベーションを起こさなければならない。
そのために国連は共通のガイドラインを共同作成した。

「企業の社会的責任」
今回は、大企業の中から「日本電気株式会社(NEC)」の事例を1つあげてみたい。
続きを読む >>

1

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM