日興エボナイト製造所 代表取締役 遠藤智久氏

 会社の経営は山あり谷あり、波乱の連続である。谷底が見えるほどの崖っぷちに立ったとき、経営者はどう考え・行動したのか。今回は、国内唯一のエボナイト棒・板メーカーである日興エボナイト製造所の遠藤智久社長に聞いた。

 

◇  ◇  ◇

 「入社直後から、業績は右肩下がりでした。さすがにこれ以上は下がらないだろうというところで、リーマンショックに見舞われ、どん底を経験しました。今、会社には15人の従業員がいますが、当時は家族4人と従業員2人の計6人にまで減り、年商も私の入社時の約3分の1に落ち込みました」

 日興エボナイト製造所の遠藤智久社長は、会社の業績が厳しかったころをこう振り返る。

 エボナイトは、天然ゴムを原料とする世界最古の人工樹脂といわれ、万年筆、楽器、喫煙具、絶縁素材などに利用される。日興エボナイト製造所は、それら製品の材料となるエボナイト棒や板を製造してメーカーへ納品する会社だが、経営は苦しかった。エボナイトは昭和30年代から、より安価なプラスチックに置き換わり、市場が縮小。国内の多くのメーカーが廃業に追い込まれていた。

 父が社長を務める日興エボナイト製造所へ遠藤氏が入社したのは1998年。1994年に早稲田大学の商学部を卒業した後、段ボールメーカーで仕事をしていたところを呼び戻された。日興エボナイト製造所では、それまで伯父が経営全般を、父が現場を担当していたが、伯父が病気になり、父が社長を引き受ける。しかし、父は現場一筋で経理や配送などの経験があまりなく、段ボールメーカーで営業を行っていた遠藤氏にその役割を求めた。

 業績低迷の打開に向けて、日興エボナイト製造所は父子による新たな体制のもと、経営努力を重ねた。

 2007〜2008年にかけて、東京・荒川区が開催した荒川経営塾という中小企業向けセミナーに参加したことが転機だった。セミナー講師の中小企業診断士と相談するなか、下請けを脱して、一般消費者向けの商品を販売する新事業を検討。東京都の経営革新計画による支援策も利用して取り組んだ。

 エボナイトを材料にする一般消費者向けのさまざまな製品を試作した。ゴムを原料とするエボナイトは、手に持ったときに温かみがあり、手触りもよい。そこで杖を作った。また、滑らずグリップ性がよいことから、はんこを作った。楽器に使うと音響特性がよいため、ハーモニカの本体を作った。

 数々の試作品からヒットが生まれた。大理石のように流れる模様がついたカラーマーブルエボナイト――独自開発したこの材料でオリジナル万年筆を作った。2009年に開催された地元の荒川区産業展に1本6万円で販売したところ、5本が売れた。遠藤氏は「これはいけると、いい意味で勘違いをしました」と話す。

 勢いづいた遠藤氏はこのオリジナル万年筆の販路をネットに求めた。同年、ウェブショップ『下町のエボ屋さん=笑暮屋(えぼや)』をオープン。2010年、日興エボナイト製造所 代表取締役に就任すると、販路をさらに広げるべく、2011年に日本橋三越、伊勢丹新宿店それぞれの展示即売会に出展して、期待以上の成果を上げた。

 

会社の外に出て人に会ううちに、名刺の量が急に増えた

 遠藤氏はなぜ、市場規模が縮小するとわかっていたエボナイトの事業を盛り返すことができたのか。話を聞いて感じるのは、逆境の中でも前を向いて進む力の強さである。しかも、その力は会社の外を向いていた。

 経営塾に参加したころを遠藤氏はこう振り返る。業績の低迷が続いており、工場が稼働しない日が週1〜2日あったが、会社の外へ意識的に出たという。

 「今日は仕事がないから、無料の経営相談へ一緒に行こうといって父を誘いました。ある意味、暇だったので、どこにも行けました。外でいろいろな人に会ううち、受け取った名刺の量が増えました。それまでは出入りの業者の担当者が代わるときしか名刺交換をしなかったのですが、今では年に数百枚の名刺が集まります」

遠藤氏の、ものづくりに対する考え方は「お客さまの依頼は、まず断らずに聞いてやってみます。やってみてダメだったら、そのまま伝えればいい」というもの。

 一般消費者向けの製品を試作したときも、会社の外へ積極的に出かけた。

 「試作にトライをすればするほど、外からのアドバイスが入ってくるようになりました。そういう体験をしたため、さらに販売会に行ったり、専門家の話を聞いたり、とにかく外へ出るようになりました」

 オリジナル万年筆の事業を立ち上げる際も同じだった。日興エボナイト製造所にはエボナイト棒を製造する会社だ。遠藤氏は、開発したカラーマーブルエボナイト棒を、万年筆の加工職人のところへ自ら持ち込み加工の仕事を依頼した。ペン先も専門の職人を紹介してもらい、取り付け・調整を依頼した。

 ウェブショップでオリジナル万年筆を本格的に売ろうとしたときには、ウエブデザイナーや印刷の専門家など外部の人材を集めたチームをつくり、ウエブサイトやパンフレットなどを制作した。

 その万年筆がマニアの話題になり、専門雑誌にオリジナル万年筆が取り上げられると、今度は百貨店のバイヤーが文具専門の展示即売会への出店を打診してきた。その日本橋三越の即売会では、東日本大震災の直後の消費減退のなか、高額の製品が何十万円分も売れた。

 こうした前向きな力のよりどころは、エボナイトや会社に対する思いだった。「会社には愛着がありました。何とかもう一度、エボナイトが日の目を見る日が来るのではという思いでやってきました」という。

 会社の事務所を兼ねた工場は、遠藤氏の幼いころの思い出の場所でもある。「弊社は、近くにあったエボナイト粉末工場へ集団就職した祖父が1952年に独立して創業しました。私の両親もこの工場で働き、事務室にベビーベッドを置いて私を育てました。小学校に入ると、私は『ただいま』と言って工場へ帰り、そこから外へ遊びに行ったり、事務室で本を読んだりして過ごしました」

エボナイト棒・板もネット経由で世界中から注文が来る

 エボナイトの市場は現在も決して大きくはないが、遠藤氏は事業の将来性を生き生きと語る。2011年に始めたエボナイト素材の海外市場開拓で手応えをつかんだのだ。新たな“外”への挑戦である。

 市場規模の大きさのため、エボナイトの製造に大手メーカーは参入しない。世界全体でもメーカーは日本以外にドイツに2社あるぐらいでレアな存在だという。一方、海外には、万年筆や楽器、喫煙具といったエボナイトの用途に対して日本以上の市場があり、そこを狙っている。世界中のバイヤーとメーカーをマッチングするウェブサービスに、遠藤氏が登録したところ、アメリカやヨーロッパ、アジア、オセアニア、南米から注文がきたという。参入したときの初年度の海外売上は年間約30万円でマッチングサービスの使用料にも満たなかったが、今では年間約2000万円に上るという。

 遠藤氏の、ものづくりに対する考え方は「お客さまの依頼は、まず断らずに聞いてやってみます。やってみてダメだったら、そのまま伝えればいい」というもの。もちろん、そうすることには、手間も暇もかかり、必ずしも成功しないのは承知しているが、ためらいはない。

 オリジナル万年筆の材料にした独自開発のカラーマーブルエボナイトも「マーブルエボナイトというものが昔からあるが、作ればすごく売れると思う」といった取引先との雑談のような話から開発したと遠藤氏は話す。

 「『まずは相手に喜びを与える』という先々代社長の言葉を色紙にして社内に掲げています。まずは相手に喜びを与える――その先に活路はあると信じて今までやってきました。ニーズはどこにあるかわかりませんが、エボナイトでなくては嫌だ、エボナイトだからほしいとお客さまに思ってもらえれば、成功だと思います」(遠藤氏)

 取材の最後に、遠藤氏に企業の経営層に対するメッセージを聞いてみた。すると遠藤氏は考える間もなくこう答えた。

 「答えは“外”にあるのだと思います。私は会社のどん底を見て、“外”に答えを求めました。内にこもっていても状況は変えられません。答えは外にある――これが私からのメッセージです」

文:八鍬 悟志(やくわ さとし)
都内の複数の出版社に12年勤めたのち、フリーランスライターへ。得意ジャンルはIT(エンタープライズ)と国内外の紀行文。特にITに関してはテクノロジーはもちろんのこと、人にフォーカスしたルポルタージュを得意とする。最近はハッカソンイベントなどを取材する機会も多い。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM