人手不足の深刻化や働き方改革を背景に、人材関連市場が急成長している。リクルートホールディングスなど海外市場に打って出る大手だけでなく、国内市場を地盤に着実に成長する中堅企業は多い。ITを駆使したきめ細かいサービス提供が強みだ。人材関連サービスを展開する売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を紹介する。

「あなたの『冷静さ・安定力』は49点。リスクを検討せずにスピードを重視する傾向がある」――。技術者の派遣を手掛けるエスユーエスは派遣する社員の能力や適性を点数で「見える化」するのが特徴だ。社員向けにアンケートを実施。約200問にも及ぶ質問の回答をもとに、独自開発したシステムが点数をはじき出す。

評価するのは本人の指導力や周囲を説得する力、業務を遂行する力など9つの基礎能力と、関連する36の項目だ。システムがそれぞれ100点満点で自動的に点数化する。ストレス耐性や自分を良く見せようとする傾向もつかめる。各自の課題を改善するための研修も用意する。

ITや電機業界向けの技術者派遣分野では、専門的な技術を持っているのはもはや当然。だが交渉能力や責任感など技術以外の強みを点数化してアピールできれば、他社との違いを打ち出せる。斎藤公男社長は「ゲーム会社からは『アイデア力が際立った人材がほしい』といった要望がある。こうした顧客の要望に細かく応えられる」と話す。

資質などを数値化する仕組みは慶応義塾大学や中部大学と共同開発した。自社で活用するだけでなく、外部にも販売。人事異動や人事評価に活用する企業や地方自治体など約3000件の導入実績を持つ。

人材サービスに最新技術を駆使する「HRテック」が急速に広がっている。新しい分野だけに中堅企業の参入余地は大きい。顧客企業のニーズを巧みにつかみ、成長を続けているのがアトラエだ。

顧客企業の従業員の満足度などを点数化し、離職防止や効果的な人事異動につなげている。「あなたの能力は会社に十分評価されているか」「自社を友人に勧められるか」などを質問。スマートフォンで1回当たり3分程度で回答できる。料金は1人あたり月額300円で、8月時点の採用企業数は前年同月に比べて2.5倍の1000社になった。AGCやLINEなど大手企業も利用する。

大企業などで人材教育を外部に委託する動きが広がるなか、きめ細かな企業向け研修を展開して事業を拡大する企業もある。

インソースは約2500もの講座を開発。ビジネスマナーや電話対応といった一般的なものから「部下との面談力向上」や「保育士を対象にしたクレーム対応」「LGBT」など幅広いメニューをそろえる。人工知能(AI)を活用して研修の受講者数を予測する。舟橋孝之社長は「受講生1人を対象にしたものから1万人向けまで対応できる。業績が研修の流行に左右されにくい」という。16期増収を続けている。

アルーは企業の要望に合わせて内容を組み替える「セミオーダー型」の研修を得意とする。たとえば一般的な新入社員向けのビジネス研修を実施。その後、習得内容を確認するため職場に戻った新入社員の日報や週報をチェックして助言するサービスを組み合わせたりする。

中堅企業のなかには特定の分野の人材に強みを持つ会社も多い。

スマートフォン向けゲームや家庭用ゲーム開発を手掛けるエクストリームはプログラミングなどの技術を持つデジタルクリエーターを抱え、他社にも派遣する。高度技術を維持するための社内研修を実施するほか、ベトナムの人材活用にも取り組む。ゲーム業界は市場規模が拡大する一方、人手不足が深刻化している。「多様な教育や研修プログラムをアピールして優秀な人材を集めたい」(同社)としている。

SERIOホールディングスのように既婚女性を主な対象として派遣などのサービスを展開する企業もある。

矢野経済研究所(東京・中野)によると、人材紹介と派遣、再就職支援の市場規模は2018年度推定で約7兆4000億円と前の年度から約1割増えた。人手不足と働き方改革で今後も人材業界の市場規模は拡大するとみられている。中堅企業が躍進するチャンスは大きそうだ。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM