レジ袋やペットボトルで社会的な関心が高まる海洋プラスチック(廃プラ)問題がアパレルに波及してきた。衣料品に含まれるポリエステルなどが洗濯や廃棄で粒子となり、魚などの海洋生物に取り込まれていることが明らかになってきた。欧米を中心に消費者は環境に配慮した企業の姿勢を重視している。日本のアパレルや素材メーカーも対応商品や技術の開発を迫られている。


「洗濯時に毛が落ちにくい素材を見せてほしい」。帝人子会社で繊維素材を開発する帝人フロンティア(大阪市)に、欧米のアパレルやスポーツメーカーからこんな要望が寄せられている。

同社が開発したのは、繊維の抜け落ちを抑えるポリエステル素材。防寒着として知られるフリースは保温性を高めるために起毛するが、洗濯時に繊維のくずが流出しやすい。糸を輪のように織り込むことで毛が抜け落ちにくくした。フリース素材の保温性ややわらかい肌触りは保ち、「アパレルだけでなく寝具などでも展開できる」(同社)。2019年度に50万メートルの生地の販売を目指す。

プラスチック素材による海洋汚染問題は、発生源としてレジ袋やペットボトルなど目に見える廃棄物に関心が集まる。衣料品の洗濯などで抜け落ちるマイクロプラスチックと呼ばれる繊維は直径が5ミリメートル以下の粒子。影響が本格的に指摘されたのはここ数年のことだ。

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM