google.com, pub-5555637748235634, DIRECT, f08c47fec0942fa0
「日本で成功するわけがない」。今回のラグビーワールドカップ(W杯)は、そんな前評判を覆しつつある。チケット売上高は当初予想の1.5倍超の350億円に達し、総収入はラグビー発祥の地イングランドで開かれた前回大会を上回る見通しだ。だがここに至るまでには、様々な曲折と日本代表OBや関係する企業人ら裏方の奮闘があった。

■南ア戦勝利、もう一つの意味



2015年9月19日、英ブライトンで行われた前回W杯予選の南アフリカ戦。優勝2回を誇る強豪を日本代表が破った「ブライトンの奇跡」には今回のW杯を左右する大きな意味があった。

日本でのW杯開催は2009年には内定していたが、実はこの時、その座が揺らいでいた。開幕戦と決勝戦を行う予定だった新国立競技場の建設費が3000億円を超えることが判明。世論の反発からデザイン公募がやり直され、W杯開催に間に合わないことが明らかになったからだ。

「新国立競技場を使えないなら客席やVIPスペースが減り、数十億円の減収になる」「減収分を補填するため日本政府に追加で1億ドル払ってほしい」「無理なら開催地の変更も辞さない」。ラグビーW杯を主催するワールドラグビー(WR)は日本のW杯組織委員会に対し、再三厳しい要求を突きつけてきた。

■勝利で鎮まった反対論

日本開催の反対派の急先鋒(せんぽう)が実は南アだった。新国立の問題による減収に加え、南半球の最高峰リーグ、スーパーラグビーへの日本の参戦準備の遅れなどを理由に、開催地を"強奪"しようとWRに働きかけていた。日本の身内であるはずの前日本代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ(59)すら南ア開催に賛成したとされる。だが「ブライトンの奇跡」を目の当たりにしたWRのブレット・ゴスパー最高経営責任者(CEO)は試合直後、日本の協会幹部に「おめでとう。これで問題はなくなった」と握手を求めた。反対論は一気に鎮まった。

この南ア戦を語る上で欠かせないのが日本代表元主将の広瀬俊朗(37)だ。ジョーンズに生来のリーダーシップを見込まれ、代表経験がほとんどなかったにもかかわらず主将に抜てきされた。だがW杯開幕1年半前に主力から外れ、リーチ・マイケル(30)に主将を引き継いだ後も、相手チームの分析や先発する選手のフォローなど裏方として汗をかいた。
続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM