神戸大学教授山本一彦氏のコラムに意見

まずはコラムから…
近年、バイオエコノミーという新しい概念が注目されている。人口増、食料・水不足、気候変動などの地球的規模の課題を克服しつつ、経済発展を可能にする切り札として、生物資源と最新のバイオテクノロジー(生命工学)を活用する社会である。経済協力開発機構(OECD)は、2030年には市場規模が約180兆円に成長すると予測している。

そのバイオエコノミーを実現するイノベーション(技術革新)が、「デジタル×バイオ」とも呼べる研究融合の潮流である。

 「デジタル×バイオ」技術の発達により、ゲノムの解読コストは30年前と比較して100万分の1以下に低下したと言われ、情報は加速度的に蓄積されつつある。その間、バイオ領域では生物プログラムを意図的に操作できる2つの技術、「ゲノム編集」と「ゲノム合成」が出現した。「ゲノム編集」はプログラムの一部を書き換える技術、「ゲノム合成」はゼロから書く技術である。

さらに、この潮流を決定的に加速させた要因に、いわゆる第4次産業革命がある。ビッグデータ、AI、IoT、ロボティクスなどのデジタル領域での技術革新により、膨大かつ複雑な生物資源情報をより一層効率的に扱えるようになってきた。

こうした技術革新により、バイオ分野における破壊的イノベーションの実現が極めて現実的となってきた。例えば、これまで大規模な工業プラントで合成されていた化学品を微生物によって効率的に生産させる「生物工場」である。化学プラントよりもコスト優位な「生物工場」が実現すると、製造業のサプライチェーン(供給網)は抜本的に変化する。これが、第5次産業革命とも呼ぶべき「デジタル×バイオ」の姿だ。



米欧中を中心に、「デジタル×バイオ」の産業化を目指す国際競争は激化している。出遅れ感のある日本(図参照)ではあるが、近年、政府や研究機関を中心に本格的に力を入れ始めている。この「デジタル×バイオ」を巡る競争の本質は、基盤技術に関する基本特許の確保、データやノウハウの蓄積、それに分野融合のエコシステム(生態系)構築の3つである。一般論として先行者に有利な競争であり、日本が完全に優位に立つのは難しい。そこで、「選択と集中」の戦略が重要となる。
その戦略策定の切り口として、知的財産戦略推進と大学発ベンチャー強化の2つを提案したい。

知的財産戦略だが、ゲノム編集やゲノム合成などにかかわる基盤技術については、市場価値のある国際的な基本特許を確保し、少なくとも海外の有力プレーヤーとクロス(相互)ライセンスできる程度の競争力は最低限必要である。競争力のあるデータやノウハウを蓄積するためには、米国の先行事例を見ても、当初は相当な先行投資、つまり巨額の赤字を覚悟しなければならない。諸外国のように国家が研究開発面で一層強力なスポンサーシップを担うことが不可欠であろう。

米国では、研究成果の実用化は大学発ベンチャーが主な担い手であり、イノベーションを主導する役割を果たしている。わが国でもバイオベンチャーは存在するが、その数、規模ともに大きく後れを取っている。優れた大学発バイオベンチャーの出現を促すためには、大学で生まれた研究成果(シーズ)を市場経済の舞台へと押し上げる支援者の役割を担う「シードアクセラレーター」の育成がポイントとなる。

シードアクセラレーター(企業投資家)は、シーズのスクリーニング(目利き)に加え、アントレプレナー(起業家)とチームのメンタリング(指導)や育成、資金調達や知財・法律問題への対応など、事業化の入り口であらゆる課題をこなさなければならない。

イノベーション推進の意味でも、大学との距離が近いところに、ハード面で事業化を支える共用ラボを設置し、研究部隊と有機的に連携をとりながらソフト面で事業化を促進するシードアクセラレーターを配備するという戦略が、極めて有効であると考える。

(瑚心すくいより)
バイオテクノロジーは私たちの身近にある。味噌やトーズ等の発酵食品や品種改良された野菜。デジタル×バイオエコニミーを言うなら、温室効果ガス排出やプラスチック廃棄物の問題を考慮し、循環型社会形成に向けたバイオエコ
ノミーの社会実装推進が必要なのです。カイヨウプラスチックゴミは海中で細かく分解されて魚のえさに交じっている。それを私たちは食べているかもしれないのです。日本のアクセラレーターは利益が出ない研究には投資しない。だからSDGsの考え方が必要なのです。

マスコミがそうで日本経済新聞だからこそSDGsに直接触れる記事を書かないとサラリーマンや庶民はわからない。新聞から読み取れなどと横柄な態度では未来の地球は危機を迎えているのである。何故、そんな記事が書けない。OECDが先進国日本の悲惨さを数字で表しているではないか。マスコミが言論の自由を言うならば私にも言わせてもらう。

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 13:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/114

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM