精神疾患などの患者の脳を磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影して、病気の診断や発症リスクの見積もりに役立てる研究が進む。広島大学は機能的MRI(fMRI)の画像を人工知能(AI)に学ばせて、うつ病の患者を7割の精度で見分けることに成功した。国立精神・神経医療研究センターはパーキンソン病の前段階の患者を区別できた。早期発見や最適な治療法の探索に役立つと期待されている。

精神疾患はがんや脳卒中と並ぶ、厚生労働省が指定する5大疾病の1つだ。同省の2017年の調査によると、精神疾患と一部の認知症の国内患者は419万人。1999年の204万人の2倍以上に増えた。社会保障費の増加につながり、対策が求められている。

学会による診断基準などに沿って、問診を中心に症状の重さなどを医師が診断するのが一般的だ。精神疾患には様々な種類があるが似た症状の病気も多く、正確な診断には知識と経験がいる。だが、地方では精神科医が不足するところもあり、診断精度に限界がある。

MRIで脳を撮影し、その特徴を診断や発症リスクを見積もる手掛かりに使えば、診断精度が高まる。早くから治療できれば、症状の緩和や進行を抑えられる可能性も高まる。画像データは様々な種類がある精神疾患を正しく分類するのに役立ち、より効果的な治療法の開発にもつながる。


うつ病の患者と健康な人の画像を66人ずつ使うと、患者を7割の精度で見分けられた。「病気の可能性が高い人を見つけ、診断の補助に使える」(岡本教授)。複数の病院で精度を確かめ、診断支援ソフトウエアを開発するなどして、5年後の実用化を目指す。

国立精神・神経医療研究センターの花川隆・先進脳画像研究部長らは、パーキンソン病などの前段階にあたる「レム睡眠行動異常症」の55人の患者の脳をMRIで観察。70人の健康な人と比べて、患者で活発に働く部位を見つけた。

それをもとにすれば患者をほぼ見分けられるメドがついた。5年後にも支援ソフトを作り、将来は学会の診断基準への反映などをして普及を目指す。

ただ、患者の画像に変化が表れる仕組みは謎だ。岡本教授は「うつ病や発達障害で患者の脳画像に変化が生じる正確な仕組みは、現時点では分からない」と話す。

約10年前までは、脳の特定部位の活動だけを観察する研究が多かったが、発症や悪化との関係を十分に説明できなかった。2010年代になり、複数部位の活動の変化をみる研究が盛んになった。現在では、メカニズムの仮説をたててそれに沿って探るのではなく、脳全体の活動を観察して病気を見分ける研究が中心だ。広島大などの研究もその一つにあたる。

ただ、病気を正確に理解するには、画像に写る脳の働きの変化と、病気や症状の関係を解明することが重要だ。花川先進脳画像研究部長は「脳波計や電極を使って脳の働きを詳細に調べる研究などを進める必要がある」と話す。

ただ、こうした研究は患者や発症リスクが高い人を調べる必要がある。患者などへの説明のほか費用も膨らむため、政府などの支援が重要になるだろう。

国際的にみても、精神疾患については早期に診断し、治療や生活の支援をして進行を防ぐ取り組みが一般的で、オーストラリアや欧州で盛んだ。米国ではオバマ前大統領の時代に、政府の支援で多数の医療機関が連携した取り組みが進んだ。脳の画像などを早期診断に使う研究も世界で進んでいる。

(草塩拓郎)



























  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 13:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/146

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM