教育サービス会社が英語指導を重視した学童保育を増やす。英会話教室大手のECC(大阪市)は2020年春から「日本語禁止」の学童保育を全国展開する。4年間で高校生レベルの英語力を目指す。学習塾のウィザスも20年3月までに現在よりも5割増やす。2020年度から小学校で英語が正式教科になる。子供の英語力を高めたい共働き世帯などの需要を取りこむ。

学童保育は小学校の放課後に児童を預かるサービス。ECCは英語を母国語とする外国人とバイリンガルの日本人をスタッフとし、原則としてすべて英語で会話する学童保育を関西で3カ所運営している。2020年春から首都圏などでも開設し、5年以内に100カ所とする方針だ。

児童は学校の宿題をするほか、実用英語技能検定(英検)対策を含めた1時間のレッスンを1週間に3回受ける。英語漬けにすることで、4年間で高校中級程度の英検準2級に合格する水準の英語力を身につけられるようにする。

ECCは約2400の幼稚園・保育園に英語教育カリキュラムを提供している。学童保育は提供先の幼稚園などの空きスペースを借りて開く。基本料金は週5日の利用で月額4万円を想定する。企業が運営する一般的な学童保育の目安は同6万円程度とされる。ECCは間借りで費用を抑え、通いやすくする。

関西中心に学習塾を運営するウィザスは、英語特化型の学童保育を3月時点で16カ所持つ。入会3カ月後にすべて英語でコミュニケーションし、平日に一日40分ほど英検対策をする。2020年度までに首都圏や関西などで8カ所開く。基本料金は週5か利用で5万5000円に設定する。
英語特化型の学童保育を商機とみる教育大手が相次いでいる。

学習塾大手のやる気スイッチグループ(東京・中央)は約140カ所ある「キッズデュオ」を2021年までに230カ所まで増やす。資格取得スクールのヒューマンアカデミー(東京・新宿)は18年、「Hiraku Kids(ひらくきっず)」を開いた。東京都などに2カ所あり、「2020年度の募集定員は埋まる見込み」(同社)という。保育園を展開するポピンズ(東京・渋谷)も9月に英語学童に参入した。

働く女性や共働き世帯の増加を背景に、学童保育の需要は高まっている。厚生労働省によると、2018年5月の民間の学童保育は約5100カ所と、5年間で4割増えた。利用者の獲得競争は激しくなっている。

小学校で英語が正式教科になることを受け、保護者の英語教育への関心は高まりつつある。3年生の子どもをECCの学童保育に通わせている保護者は「外国人講師との会話などを通じてリスニング力がついている」と評価する。教育サービス各社は英語力を高められることをアピールして、一般的な学童保育との違いを出す。(松本晟、高尾泰朗)

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 07:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/157

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM