google.com, pub-5555637748235634, DIRECT, f08c47fec0942fa0
「日本で成功するわけがない」。今回のラグビーワールドカップ(W杯)は、そんな前評判を覆しつつある。チケット売上高は当初予想の1.5倍超の350億円に達し、総収入はラグビー発祥の地イングランドで開かれた前回大会を上回る見通しだ。だがここに至るまでには、様々な曲折と日本代表OBや関係する企業人ら裏方の奮闘があった。

■南ア戦勝利、もう一つの意味



2015年9月19日、英ブライトンで行われた前回W杯予選の南アフリカ戦。優勝2回を誇る強豪を日本代表が破った「ブライトンの奇跡」には今回のW杯を左右する大きな意味があった。

日本でのW杯開催は2009年には内定していたが、実はこの時、その座が揺らいでいた。開幕戦と決勝戦を行う予定だった新国立競技場の建設費が3000億円を超えることが判明。世論の反発からデザイン公募がやり直され、W杯開催に間に合わないことが明らかになったからだ。

「新国立競技場を使えないなら客席やVIPスペースが減り、数十億円の減収になる」「減収分を補填するため日本政府に追加で1億ドル払ってほしい」「無理なら開催地の変更も辞さない」。ラグビーW杯を主催するワールドラグビー(WR)は日本のW杯組織委員会に対し、再三厳しい要求を突きつけてきた。

■勝利で鎮まった反対論

日本開催の反対派の急先鋒(せんぽう)が実は南アだった。新国立の問題による減収に加え、南半球の最高峰リーグ、スーパーラグビーへの日本の参戦準備の遅れなどを理由に、開催地を"強奪"しようとWRに働きかけていた。日本の身内であるはずの前日本代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ(59)すら南ア開催に賛成したとされる。だが「ブライトンの奇跡」を目の当たりにしたWRのブレット・ゴスパー最高経営責任者(CEO)は試合直後、日本の協会幹部に「おめでとう。これで問題はなくなった」と握手を求めた。反対論は一気に鎮まった。

この南ア戦を語る上で欠かせないのが日本代表元主将の広瀬俊朗(37)だ。ジョーンズに生来のリーダーシップを見込まれ、代表経験がほとんどなかったにもかかわらず主将に抜てきされた。だがW杯開幕1年半前に主力から外れ、リーチ・マイケル(30)に主将を引き継いだ後も、相手チームの分析や先発する選手のフォローなど裏方として汗をかいた。
■裏方に回った前主将


「新しい歴史を作ってください」「プライドを見せてほしい」。南ア戦前日のミーティングルームで日本代表から落選した選手やスタッフら約700人の声を集めた応援ビデオが流れた。

強豪を前に張り詰めていたチームの雰囲気が一気にほぐれた。「自分も含め後ろで支えている仲間がいることを感じ、奮起してもらいたかった」。ビデオ制作は広瀬のアイデアだった。

W杯後、トップリーグの観客動員数は2015〜16年シーズンに急増したが長続きはしなかった。広瀬はW杯後に現役を引退、トップリーグに所属する東芝のコーチになった。街を歩いていると声をかけられることも増えたが、「次のW杯ってどこでやるんですか」と聞いてくる人もいた。「自分たちが思っているほどには盛り上がっていないのかもしれない」。こんな危機感が広瀬の中で募っていった。

追い打ちをかけたのが東芝の不正会計問題だった。会社が大きく揺れる中、チーム消滅の噂も持ち上がった。「生まれ変わるために新しいことに挑戦しよう」。そう東芝社員に持ちかけてもなしのつぶて。ラグビーを盛り上げるためにと海外留学を決めたが、その話も流れた。

■グラウンドの外から支援

広瀬は2019年2月に東芝を退職、グラウンドの外からラグビーを盛り上げるプロジェクト「スクラムユニゾン」を立ち上げた。

2度目の「奇跡」となった9月28日のアイルランド戦。試合開始前、東京都町田市のパブリックビューイング会場では、日本人とアイルランド人などの外国人がともに、アイルランドのラグビー代表チーム歌を熱唱していた。しかけたのは広瀬だ。着想は前回W杯前、日本代表の一体感を高めようと、外国出身の選手たちと「君が代」を歌った経験にあった。

今夏に放送された連続テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」では、俳優としては素人ながら元日本代表のベテランラガーマン役を熱演し、話題を集めた。同じ慶応大学ラグビー部の先輩だったドラマ監督、福沢克雄(55)に誘われたのがきっかけだった。シャイな広瀬が出演を決めたのは「ドラマをきっかけに少しでもラグビーに興味を持ってもらえたら」との切実な思いからだった。

広瀬だけではない。前回W杯でキックを蹴る際の「五郎丸ポーズ」で日本ラグビーの看板になった五郎丸歩(33)も練習の合間を縫ってテレビ番組やイベントへの出演を繰り返した。五郎丸はチームプレーのラグビーで自分だけ脚光を浴びることをよしとせず、メディアとの距離を置いていたが「このままではW杯が盛り上がらないかもしれない」という危機感に突き動かされた。

■NEC、顔認証システム導入を前倒し

前評判の低さから及び腰だった日本企業も、開催が近づくにつれて盛り上がってきた。

「顔認証システムの大規模導入を、W杯に合わせて前倒しできないか」。トップリーグの強豪、NECの社内でこんな議論が本格化したのは2017年のことだ。

NECは当時すでに東京五輪公式スポンサーに内定。大会関係者30万人を対象に自社の顔認証システムを大展開する計画を進めていた。

「東京五輪の準備に経営資源を集中すべきだ」「リスクを取る意味があるだろうか」。NECの経営会議ではW杯との距離感を巡り意見が割れたが、最終的に2カ所のスタジアムで報道関係者約1万人を対象に導入すると決めた。W杯の公式スポンサーになったと公表したのは開催まで1年を切った2018年11月になってからだ。

実現に向け奔走したのがW杯や東京五輪関連のプロジェクトを率いる山本啓一朗(43)だ。実験がうまくいけば顔認証技術で台頭する中国勢をけん制できるが、失敗すれば「敵に塩を送る」ことになりかねない。「不確実な新技術を試す場にしないでほしい」。ネガティブな反応もあったが、同僚に「ヤマケイさん」と慕われる山本は実際にシステムを体験してもらう機会を設け、地道に技術をアピールした。大会関係者のために自ら試合終了時間帯の交通情報を確認し、雨が降れば手ずからポンチョを配って回った。

■キヤノンは3D映像技術を駆使

NECと同様にトップリーグの強豪キヤノンで、山本のように新技術導入の旗を振ったのが伊達厚(57)だ。伊達は大量のカメラでグラウンドを様々な方向から撮影し3D映像をつくり上げる「自由視点映像」の技術責任者だ。

W杯では横浜国際総合競技場で開かれる7試合で採り入れた。数十秒程度にまとめた注目シーンの動画は、SNSを通じ世界中で話題となった。

伊達はサッカーで自由視点映像の導入実験を進めていたが、ラグビーは全く勝手が違った。

2018年秋にラグビーの国際試合で映像を制作したところ、肝心のグラウンドの中心の画像がきれいに映らない不具合が起きた。サッカーならゴール前を中心にカメラを手厚く配置し、画質を高めればハイライトを取りこぼすことはなかったがグラウンドの半分以上を独走し、トライを決めるラグビーではそうはいかなかった。

プレー全体の画質が高まるよう、シミュレーションを重ね、カメラを取り付ける位置や数を調整、時間ギリギリでW杯に間に合わせた。

空前の盛り上がりを見せる今回のW杯。ともすれば代表選手の華やかなプレーばかりに目がいく。だがひとつのトライに至るまでにはあまたのパス、おとりの動き、スクラムでの踏ん張りが欠かせないように、その陰には数多くの人間ドラマがある。

=敬称略、

(林英樹氏、諸富聡氏)

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 14:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/189

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM