来日に込めた狙い 大衆迎合と対決、決意示す

ローマ教皇(法王)フランシスコが26日、4日間の日本滞在を終えて帰路に着いた。38年ぶりの来日は何を残したのか。

痛感するのは夢や時代の精神を人々に呼び掛けることの大切さと難しさ。そして分断された世界をつなぎとめ、未来を語る国際的なリーダーシップへの強い渇望だ。



核兵器廃絶訴え

フランシスコ教皇は24日、被爆地の長崎と広島から「核兵器のない世界は可能であり、必要である。核兵器は安全保障への脅威から私たちを守ってはくれない」と戦争の悲惨さと核兵器使用・保有の恐怖を訴えた。

耳が痛い思いをした政治リーダーは多いだろう。3年半前、現職の米大統領として初めて広島を訪れ、平和の祈りをささげたのは「核兵器なき世界」を約束したはずのオバマ前大統領だった。

だが皮肉にも核情勢は深刻さを増している。中国や北朝鮮が核開発や兵器配備を進め、米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約も失効。小型の"使える核"がテロ組織の手に渡る恐怖も広がる。

困難を乗り越えるには多国間の粘り強い交渉や妥協が欠かせない。では誰が言い出すのか。旗振り役だった米国は「自国第一」を叫び、単独行動にひた走る。国連など国際機関も効力は薄い。

そんな状況だからこそ夢を語る教皇の言動に関心が集まる。安らぎを保障し、理想の世界を示すという本来の役割を政治が果たしていないのだ。

教皇は演説で「平和と安定は団結と協力に支えられた道徳観からしか生まれない。軍備管理の国際的枠組みが崩壊する危険がある」とも指摘した。

これは多国間協議を拒絶する単独行動を批判した発言である。自国の利益を優先するなら核廃絶や軍縮の実現はおぼつかない。メッセージには台頭するポピュリズムへの対決姿勢が読み取れる。

普段の言動からも、ポピュリズムと格闘する教皇の姿が浮かび上がる。

266代目で初の南米(アルゼンチン)出身の教皇となったフランシスコは2013年の就任以来「貧者のための教会」を掲げ、数々のメッセージを送り続けてきた。

特に移民受け入れや地球温暖化防止に背を向けるトランプ米大統領には手厳しい。メキシコ国境での壁の建設には「懸け橋でなく壁を作ろうとする人はキリスト教徒ではない」とたしなめた。

資本主義の行き過ぎにも警鐘を鳴らし、弱者に救いの手を差し伸べる。英国離脱で混乱する欧州連合(EU)首脳には「欧州は家族」と結束を呼び掛ける。教皇の存在は決して無視できない。

ローマ教皇庁(バチカン)は無神論を掲げる共産主義と戦前から対峙してきたことで知られる。その象徴が38年前に来日した教皇ヨハネ・パウロ2世である。初のポーランド出身教皇として母国の民主化を支援。東欧革命に火を付け、ソ連崩壊、冷戦終結を導いた。

共産圏と雪解け

しかし、フランシスコ教皇は「最大の敵」だった共産主義圏との融和についに足を踏み出す。

15年にキューバと米国の国交回復を仲介したほか、16年にはロシア正教会と和解して1054年以来続くキリスト教会の東西分裂を修復。司教任命権を巡って激しく対立してきた中国政府とも18年、暫定合意にこぎつけるなど歴史的な偉業を次々に成し遂げてきた。

そこには「壁」を作ろうとするポピュリズムへの対決姿勢がにじむ。

ヨハネ・パウロ2世とフランシスコ――。2人の対比に、世界情勢の変化を感じざるを得ない。

構造変化はなぜ起きたのか。原因は様々だ。グローバル化とIT(情報技術)の進歩、過剰な競争は社会に格差と分断を生み、安定した政治を支える中間層を疲弊させた。世界の富は欧米からアジアに移転。新興国からの挑戦を受けた先進国にかつての余裕はない。

「イデオロギー対立が終わり、国際体制の秩序が崩れたことで教皇の闘争相手は共産主義からポピュリズムに変わった」と専門家は見ている。

(編集委員 小林明氏)

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 07:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM