コロナ禍で児童生徒が心に受けた影響の一端が国立成育医療研究センターの調査で明らかになった。担当した半谷まゆみ研究員は大人が子どものストレスの表出を助け、受け止めることが重要だと指摘する。

 

 

新型コロナウイルスの感染禍が続く中、多くの学校が再開されて3カ月がたとうとしている。この間、子どもたちはどのような心の状態で過ごしてきたのだろうか。

 

半谷まゆみ・国立成育医療研究センター研究員

画像の拡大

半谷まゆみ・国立成育医療研究センター研究員

国立成育医療研究センターのコロナ×こども本部は今年6〜7月、全国の0〜17歳の子どもを持つ保護者と7〜17歳の子どもを対象に2回目の大規模なインターネット調査を実施し、保護者5791人と子ども981人から回答を得た。第1回は臨時休校が続く4月末〜5月に行われた。

ネット調査であり回答者の属性に偏りがある可能性が否めない。また、2回の調査の回答者集団は同一ではないため、単純な比較はできないことをお断りした上で、このほどまとまった第2回調査の結果を報告したい。

グラフは、子どもに「あなたにあてはまり、今も困っていること」を複数回答で選んでもらった結果の一部である。こうした何らかのストレス反応・症状が全体の72%にみられた。

 

 

調査時期が緊急事態宣言とほぼ重なった第1回調査では75%で、学校再開後も改善がみられていない。遅れた学習を取り戻すべく授業時間数や宿題が増えた一方、感染対策として部活や行事は中止・縮小となり、大切な学びの機会や楽しみが失われたことが影響しているように思われる。

学校再開に伴い「たのしい」(小学校低学年)という声もある一方で、「せんせいがこわい。ともだちとあそぶとおこられます」(小学校低学年)、「コロナにかかるのが怖い。学校に行きたくないと思ってしまう」(小学校高学年)、「課題が多すぎて終わらない」(高校生)との声もあった。

ストレス反応は学年によって様相が異なる。逃避症状である「コロナのことを思い出させるような人や場所、物には近づかない」は小学1〜3年生では31%だが、同4〜6年生は18%だった。

覚醒亢進(こうしん)症状(強いストレスを受けたときに神経が張り詰めた状況になること)である「最近、集中できない」に該当した高校生は58%に達し、30%前後だった小中学生を大きく上回った。この割合は1回目調査の42%から大きく上昇した。高3はこれから大学受験や就職活動が本格化するだけに、丁寧な対応が必要だ。

「自分のからだを傷つける」など自傷他害の行動が表れている子どもはどの年齢層でも1割前後みられ、非常に危ないサインと考えられる。

強調したいのは、こうしたストレスに子ども自身も周りの大人も気が付いていない可能性があることだ。子どもはストレスを言語化して表出することが難しい一方、それを助けてあげることがストレスへのケアになる。

大人は子どもの「集中できない」「暴力を振るう」などの行動的な側面に目が行き、ともすると叱ったり努力不足と捉えたりしがちだが、その裏にある不安、不満などを子どもが話せる場を作り、しっかりと受け止めてほしい。その子なりの頑張りを認め、褒めることも大切なケアだ。

現在、現場の教員には体力的にも精神的にも多大な負荷がかかっていると聞く。また、保護者の精神的負担が少なくないことも調査結果から分かっている。子どもと関わる大人のストレスケアも重要な課題である。

調査では偏見・スティグマ(らく印)の防止が必要であることも分かった。子どもの32%が「自分や家族がコロナになったら、秘密にしたい」、22%が「コロナになった人とは、コロナが治っても付き合うのをためらう(あまり一緒には遊びたくない)」と考えていた。保護者もそれぞれ29%、7%が該当した。

このような意識は不安などから生じたと考えられるが、いじめや差別の温床になりかねない。なぜこれが問題なのかを大人と一緒に考える機会を持つことが大切だ。正しい知識を身につけ、自分も仲間も大事にできるよう、子どもにも分かる言葉で導いてほしい。

コロナ禍を受けた様々なルールの変更や決めごとについて子どもの意見が反映されているかどうかを尋ねたところ、小学校高学年の25%、中高生の42%が「そう思わない」と答えた。もちろん、子どもの意見を全て取り入れることは難しいかもしれない。それでも子どもが自由に意見や気持ちを表せる場があること、それを否定することなく受け止めてくれる大人がいることは、子どもたちの大事な権利である。

報告書の全文は同センターのホームページで公開している。子どもと関わる方には、子どもたちの自由記載の項だけでもぜひ目を通していただきたい。きっと何かに気づかされるはずだ。

なお、コロナ禍における子どものメンタルヘルスに関する海外での大規模研究として、英オックスフォード大学を中心としたCo-SPACEがある。コロナ×こども本部ではこのチームとの国際共同研究を通して、海外の子どもの様子との比較検討も進めている。

9月1日から第3回調査「コロナ×こどもアンケート」を始める(国立成育医療研究センターのホームページからアクセス可能)。アンケートに答える体験を通して、子どもや保護者にふり返りや気づきを促せるように工夫している。多くの方々の協力を期待したい。

■心の負担、潜在化 網羅的調査必要
国立成育医療研究センターの調査は小中高校の児童生徒や保護者のストレスの状況を知る上で貴重な資料だ。相当数の子どもが心に負担を抱え、かつそれが潜在化している様子がうかがえる。
ただ、任意のネット調査であるため全体の状況を捉え切れていない可能性がある。回答した子どもや保護者は比較的余裕のある層が多く、実態はより厳しいことも考えられるという。
コロナ禍で子どもの学習や心の状態はどうなっているのか。実態がつかめていないことは問題だ。海外の例も参考に、網羅的な調査が必要なのではないか。(中 氏)

 

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 07:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM