にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

非常に強い台風10号は5日、沖縄・大東諸島に接近した。今後、特別警報級の猛烈な勢力に発達し、沖縄本島や奄美に迫りそうだ。気象庁は6日の沖縄や奄美で最大瞬間風速85メートル(時速306キロ)、さらに九州南部では7日午後6時までの24時間に最大800ミリの雨量が予想されると発表。重大災害の恐れがあり、最大級の警戒が必要だ。

 

 

 

 

気象庁は記録的大雨、暴風への対策を急ぐよう呼び掛け、沖縄や奄美では備えが加速。鹿児島県では塩田康一知事が自衛隊に災害派遣を要請し、ヘリで十島村の高齢者や妊婦ら約200人を鹿児島市へ順次避難させた。

交通の影響も広がり、JR九州は九州新幹線と在来線を6、7日に計画運休する可能性があると発表。JR西日本も山陽新幹線広島―博多間を7日の終日、計画運休する可能性があるとした。九州各地で多くの学校が7日の臨時休校を決めた。

国土交通省は洪水を防ぐため和歌山、愛媛、長崎、熊本、宮崎、鹿児島6県の23ダムで事前放流を実施したと発表した。

気象庁によると、沖縄は6日にかけ、奄美や九州南部は6〜7日に住宅が倒れるような猛烈な風となる見通し。特に6日は最大風速(最大瞬間風速)が沖縄と奄美で50〜60メートル(70〜85メートル)、九州南部で40〜50メートル(55〜70メートル)と予想される。

台風が近づく地域では高波や記録的な高潮、雷を伴う猛烈な雨の恐れもある。九州南部や奄美は数日間で平年の9月1カ月分の倍近くの雨が降る所がある見通し。

台風10号は5日午前5時現在、南大東島の南南東約290キロを時速約15キロで西北西に進んだ。中心気圧は920ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。〔共同〕

 

台風10号接近、「身を守る備えを」 最大級の警戒

画像の拡大

 

特別警報級に発達する可能性のある台風10号は、6日から7日にかけ西日本に接近し、九州を中心に広範囲に大雨や暴風をもたらす恐れがある。命を守るためにはハザードマップを事前に確認し、高齢者を中心に早めの避難が重要だ。備蓄や防災グッズの点検も欠かせない。想定外の水害に見舞われた過去を教訓に、避難行動などの「備え」が問われている。

「記録的な大雨や暴風の恐れがある。最大級の警戒が必要だ」。気象庁の担当者は2日以降、連日会見などで今後の進路や勢力を説明し危機感をあらわにしてきた。

今回の台風が、1959年に東海地方を中心に死者・行方不明者5千人以上を出した伊勢湾台風に匹敵する規模の大きさにあることが背景にある。

命を守る上で、まずチェックすべきは自宅などが危険な地域にないかどうかの確認だ。国土交通省のハザードマップポータルサイトでは、住所を入力すると地図上に洪水による浸水想定域や土砂災害の危険区域が表示される。自治体ホームページなどでも確認でき、避難経路を把握しておけば迅速な退避に役立つ。

気象庁によると、台風10号クラスの暴風では街路樹や電柱が倒れ、住宅の倒壊や鉄骨の構造物でも変形する可能性がある。NPO法人「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」と一般社団法人「FUKKO DESIGN」はウェブサイトで「大雨&台風への備え2020年版」を紹介。窓はカーテンを閉めたり飛散防止フィルムを貼ったりしてガラスが割れた場合に備える。風呂場の水をためておけばトイレや手洗いの生活用水に使えるという。

停電や水道が止まった時も想定。国は自宅に3日分の飲料水(1人1日3リットルを目安)やアルファ米、板チョコなどの非常食の備蓄を推奨。トイレットペーパーやカセットコンロなど生活必需品の確保も求めている。

台風の接近に伴い、大切になるのは避難のタイミングとなる。京都大学防災研究所の矢守克也教授(防災心理学)は、状況に応じた2つの避難方法を提唱している。「ベストな避難」としては、自治体の避難所への退避だ。「スーパーベストな避難」としては、台風が最接近して被害が出始める1日以上前に災害リスクの低い知人や親戚の家などに行くことを推奨する。

 

台風10号の今後の見通しなどについて説明する気象庁の中本能久予報課長(左)と国交省の高村裕平河川環境課長(4日午前、気象庁)=共同

台風10号の今後の見通しなどについて説明する気象庁の中本能久予報課長(左)と国交省の高村裕平河川環境課長(4日午前、気象庁)=共同

本格的な台風シーズンが到来する中、昨年までと大きく異なるのは、新型コロナウイルスの感染拡大だ。避難所などでは「3密」のリスクもある。通常のスマートフォンの充電器、懐中電灯、携帯トイレなどに加え、マスクやアルコール消毒液も持ち出し袋に入れておくと安心だ。

一方、7月の九州豪雨では避難所での密集を回避するため定員を制限する自治体も目立ち、避難所に入れない住民もいた。矢守教授は逃げ遅れるなどして結果的に自宅やマンションの上層階に避難することも「セカンドベスト」としている。

7月の九州豪雨や台風9号ですでに大量の雨が降った地域は災害発生のリスクも高い。矢守教授は「気象庁が台風最接近の3日以上前から警戒を呼びかけるのは極めて異例」と指摘。兵庫県立大大学院の室崎益輝教授(防災計画)は「今まで経験したことのない風雨になる可能性があり、台風が近づく前の早めの避難行動が命を守ることにつながる」と訴える。

 

 

台風10号、海水高温で強力に ラニーニャも影響

台風10号は「猛烈な」勢力で沖縄近海を進み、九州に接近または上陸して広範囲に激しい暴風をもたらす恐れがある。短時間で猛烈に強まる「急速強化」が北上しながら起こり、あまり衰えずに陸地に近づく極めて異例の台風となりそうだ。熱帯の海水温の変化など悪条件が重なった。これだけ強い勢力で陸地に迫るのは、1959年の伊勢湾台風以来だ。

 

 

台風10号の中心気圧は3日午前0時から18時間で30ヘクトパスカル下がった後、4日午前0時から9時間で30ヘクトパスカル下がり、発達のペースが倍増した。海面水温がセ氏30度を超えて異常に高く、上空の風も穏やかで「発達を妨げる要因がほとんどない」(名古屋大学の坪木和久教授)。

 

 

発達した台風が通過すると水がかき混ぜられ、深いところの比較的冷たい水が表面に上がって海面水温は下がる場合が多い。しかし、現状は水深100メートル程度まで高めのため、下がりにくい。

台風は暖かい海からの水蒸気をエネルギー源とする。台風の発達に適しているとされる海面水温セ氏27度以上の海域が九州の沿岸近くまで迫っており、10号は最盛期を過ぎてもある程度の強さを維持して九州に接近する公算が大きい。

日本の南の広い範囲で海面水温が異常に高いのは、高気圧に覆われ続けて日射で暖まったのが直接の原因とされる。そして、高気圧が勢力を強めて居座った背景には熱帯の海特有の現象がある。

 

 

 

一つは数年に1度のペースで海面水温が熱帯太平洋の西側では高め、東側では低めになるラニーニャ現象が起き始めていることだ。もう一つはインド洋の海面水温が高い現象で、これらが重なって日本の南に張り出す高気圧を強めた。結果的に、8月に入って水温が高い海域は西太平洋のかなり広範囲に及び、台風の発生・発達に適した条件ができたとみられる。

もともと日本近海の海面水温は長期的な上昇傾向が顕著で、ゲタを履いたような状態になっている。そこへ今夏特有の水温上昇が重なり、台風が北緯30度近くまで最盛期の勢力でいられるほどの高温になった。

気象庁や米国の気候予測センターは秋〜冬にラニーニャが発生する確率は6割程度と予想している。このため、日本の南海上で海面水温が高く、台風が発達しながら北上しやすい傾向は続く可能性がある。9、10号を追うように新たな強力台風が襲来する恐れがある。今回は被害を免れても次があると考え、備えを万全にしておきたい。(編集委員 安藤淳氏)

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 06:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
    Comment





       

    PR

    Calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    kokoro_sukui

    kokoro_sukui2

    Archive

    Recommend

     (JUGEMレビュー »)


    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM