昨年3月に8700万件もの情報流出が発覚しフェイスブックへの風当たりは大変きつい。
これとともにマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)が議決権の6割を握り権力が集中していることに関しても株主は厳しい状況でもある。

創業者に強い権限を与え、成長期の会社のかじ取りをまかせるのはシリコンバレーでは珍しくないらしいが、
プライバシー保護やコンテンツ監視で不祥事が続く中、政府による同社の企業分割案もある。

さて、創業者が企業全体を引っ張り底上げをするのは並大抵のことではない。
一つの側面を見ると創業者に権力が集中したことでリスクマネジメントが低下したことで
おきた情報流出だといえるのか。そこには疑問を感じてもおかしくない。

ただ、今はSNS全体で情報流出が横行し社会問題となっているのはなんとかしなければならないのですが・・・。

SNS業界はシェアを取り合うあまりに、ガードがらあきの情報操作をされてしまう。

そういう意味ではSNS業界のトップを走るFACEBOOKには、
内部紛争等より外部調整統合にかじ取りを握ってもらわないと創業者=権力者
の図式はぬぐえない。

確かにSNSを自分の利益にしようとしている人間は多い。
しかし逆に「自身が孤立しない」ため「仲間を募りたいため」等純粋な思いのユーザーも多い。

とかく様々な思いが交差するSNSの世界。
私も過去に失敗したこともあり、その活用には気を使うが、
「意義のある出会い」「つながり」を求めて今後も創業者や株主には、
一番に考えてほしい。
それを願う。

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 21:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/69

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM