google.com, pub-5555637748235634, DIRECT, f08c47fec0942fa0
8日で付属池田小学校で悲惨な事件が起きて18年経った。
包丁で殺傷された児童は8人。
死刑となった当時宅間守をマスコミが「精神障がい者」の犯行と大々的に報じたのだった。

この日を境に教育現場での安全について全国で対策が取られるようになった。
今回川崎市で起きた死傷事件では、マスコミはこぞって「引きこもり」犯の行為だと根拠なく報じた。

まず一言言いたいのは、このような事件や児童虐待事件、高齢者の危険運転による交通事故。これらが起きる度に、マスコミは「言論の自由」という言葉を借りて個々のストレスを発散するかのように紙面に残そうとする。今はインターネットもあって報道は異常に過熱する。

話はもどって、池田小事件の話。
以下、「人格障害をめぐる冒険」(大泉実成著・総合)を引用文献として。

宅間死刑囚の若き人生は、言えばメチャクチャだ。
母親は89年頃から精神に異常をきたし、99年からは精神病院に入院している。彼は63年に生まれているが、妊娠を喜ぶ父親に「あかんわ、これ、おろしたいねん私。あかんねん絶対」と言っている。
家事を好まぬ母親のため、彼の世話は父親がしながら家事をしていた。彼の幼少期は自ら海にハマろうとするし三輪車で道路の真ん中を走り車の渋滞ができるのを喜んでいたそうです。小学生では猫を新聞紙に巻いて火を放つなどクラスでは些細なことで同級生に殴り掛かるなど粗暴であった。

その反面彼は飛行機のパイロットに憧れ、元々勉強はできない方ではなかった彼は夢を持って勉学し、なんと大阪教育大付属池田中学の受験を目指した。
しかし受験には内申書がいる。素行が悪かった彼は偽造することも考えただろう。
母親に願書を見せると「受けるだけ無駄や」と言われた。こうして彼は受験を諦め公立中学へ進んだ。
宅間は中学生時に何匹か猫を殺したというエピソードが残っている。父親からは木刀での体罰も受けている。

ここが大事なのだが、彼は高校生の時に保健のノート13ページにわたって反省文を書いている。
宅間はおとなしい女の子や小さな女の子を虐めの対象にしていた。教師からは見つかっては叱られ、また虐めを行い見つかっては叱られを繰り返している。
そして「反省文」には次のようなことが書かれている。
「家庭訪問では、たいがいの家では勉強のことを言っているのに、僕の家では全く言わず、行いの事ばかり言って帰った。しかし悪いことは現実にやっていたのだから仕方ないと思った」
教師からマークされていた。

これではいけないと二学期になって学習塾に行った。しかし一向に成績は上がらず塾の教師からは「息子さんは全然努力しません」という電話がかかってくる。だが三学期は一番頑張った。

結局塾はやめさせられたが公立の大学を目指す。最後の選択肢は自衛隊パイロットになる道を模索する。
結果少年自衛官の試験を受けるが失敗。その後も次から次へと道は閉ざされていった。何とか受かった工業高校だったがパイロットになる道は絶たれた。

「僕はもう一度頑張っていくかと思った。将来絶対に損すると思ったからです。ただ夢を描くのではなく現実に近づくようにコツコツ努力していきたいと思っています。」
「僕は、この世の中で一番好きな人はおばあさんだ。そのおばあさんにお茶絶ちをさせるまで心配させたことは、これまでの行動でしか返しようがない。それが一番のおばあさんの喜びだと思う。」

宅間は、その後「おれは神経質だ」「妄想との悪戦苦闘」「僕は被害妄想者です」と繰り返されていた。
しかし彼は執念で一般隊員(パイロットではなく)航空自衛隊に採用されたのである。
ところが相変わらず素行が悪く除隊することになる。19歳だった。

・・・大泉氏の書はまだ続く。宅間のまだまだ人生を迷走することになる。そして事件は起きる。

人生様々な素行が悪く事件を起こすものはいる。多くは幼少から「何か」引っかかることがある。暴力、虐待、他にも。
心や世の中を見る視点が歪んでゆくのだ。
私が読んだ大泉実成氏の書には歴史に残る許されることのない事件を起こした者のことが載っている。
しかし我々は起きた事件の真実を知らなければ「格差」が生む歪みを理解することはないだろう。

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 22:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/74

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM