G20サミット(20カ国地域首脳会議)が間近に迫る中、
5月に東京で別のサミットが行われた。
「Y(ユース)20サミット」G20各国の若者代表による公式関連会合だ。

これはG20の首脳に政策を提言するために共同声明が反映されます。

Y20には各国の39歳以下の学生や研究者、官僚、民間人らが代表として、
ここが大事なのだが、G20で実際に扱うテーマを若者らしさを意識し主催国が決める。

実際に今年のテーマは、
々餾殍念
▲咼献優垢抜超
仕事の未来
この3つを選んだ。

またG20には公式の関連会合が8つある。
経済団体(B20)
市民社会(C20)
労働組合(L20)
科学者(S20)
シンクタンク(T20)・・・持続可能な開発目標(SDGs)や気候変動など10のテーマ
都市(U20)・・・小池小百合東京都知事がが議長となり環境政策や防災政策を盛り込んだ共同声明をまとめた。
女性(W20)
ユース(Y20)だ。

Y20の議論によってはG20さながらに先進国と新興国の主張が対立する。日本の代表の一人揚岩さんは「国の指導者に読んでもらうためには端的で短いコミュニケにする必要があり、どの部分をカットするかで議論が紛糾した」と振り返る。

Y20の存在意義は非常に大きい。代表は3人だったが39歳以下と29歳以下と19歳以下に分けてそれぞれ複数参加してもらえるように参加枠を広げてもいいと思う。

「国際貿易」のテーマでは米中貿易戦争などを背景に保護主義への対応を議論した。若い世代として注目したのは個人情報などを等を含むデータの流通だ。国際基準を既存のWTO(世界貿易機関)の枠組みで作るか、新しい機関が担うかが争点になった。

「ビジネスと環境」では環境問題への規制が進む先進国と、経済成長を重視して法令整備が遅れる新興国で意見が割れた。

「仕事の未来」では社会的弱者の就業、IT化への対応を議論。Y20サミット前に国内外の高校生や若手社会人約1300人を集めた公開イベントも開催し話し合った。

今、世界中の若者は様々な世界の動向に振り回されていることがあるのではなかろうか。実際に議題に挙がった米中貿易戦争がそうだ。また若手人材育成がアメリカであればシリコンバレーや中国では深浅などに集中し、それぞれのスキルを発揮するチャンスの範囲がごく限られた中でしかはっきできないのであれば、それは世界全体の課題でもあろう。

G20の意義はそれだけにとどまらない。そしてY20からの提言は安倍首相に手渡った。若者が未来により可能性を感じるG20でなければならない。若者よ、国際政治の舞台へ胸を張っていってほしい。

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 22:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
    Comment





       
    この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/77

    PR

    Calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    kokoro_sukui

    kokoro_sukui2

    Archive

    Recommend

     (JUGEMレビュー »)


    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM