欧州各地で次世代通信「5G」の商用化が相次いでいる。

英国では携帯最大手EEが、サービスを始めたほか、
ボーダフォングループも7月に予定している。

しかし通信インフラには、中国の通信機器大手ファーウェイを採用する企業が少なくない。
欧州では同社製品による5Gが動き出している。

いち早く採用したスイスのサンライズは4月から150の市町村で通信を始めた。
ネットワークのインフラは全面的にファーウェイを採用。

5Gについては米国、韓国が4月に商用化した。
スイス以外の欧州の主要国はここへきてサービス買いが相次ぐ。

2018年の世界の携帯基地局のシェアはファーウェイが31%でトップだった。
7月に始めるボーダフォンもファーウェイを一部で使っている。
性能が評価されているほか、価格面でもエリクソンやノキアより安い。

政府にとっても、5Gは自動運転など将来の革新技術を巡る競争に欠かせない。もし特定の企業を認めるかどうかを決断できずにサービスを開始が遅れれば利用者が負担が。「そのためファーウェイを導入して様子を見る」という姿勢に傾く。

一方、日本では住友商事が次世代通信規格「5G」を活用し、CATVの光ファイバー網に無線を組み合わせる実験を始める。そんな中でもCATV事業者が持つ光ファイバーのケーブル網に接続する形で無線基地局を建設し、半径数100メートルの範囲に5Gの電波を飛ばす。基地局の装置は韓国サムスン電子製が設置できれば、CATVの番組視聴や高速ネット接続のサービスが利用できるようになる。





  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 23:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kokoro-sukui.life/trackback/78

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM