今日再着陸、46億年前の痕跡期待

11日午前、JAXAの探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」へ2度目の着陸に挑む。

この小惑星は、地球に接近する軌道を持つ地球接近小惑星(NEO)のひとつで、これまでの観測から大きさは900m程度と推定されています。はやぶさ2は4月に金属弾をぶつけてつくった直径10mを超える人工のクレーターの近くに降り、地中にあった砂や岩石の採取を狙う。


今回の着陸ではクレーターから半径約3.5mの円内を目指す。クレーターができる際に飛び散って積もった地中の砂や岩石の採取が目的だ。

地球の生命誕生を巡っては、太古の地球に衝突した小惑星に含まれる有機物や水分、地球で誕生するきっかけになったとする仮説がある。小惑星の地中の物質が含む有機物などを詳しく分析できれば、仮説のけんしょうにもつながる。

小惑星の地中は太陽光や宇宙線による「宇宙風化」の影響を受けにくい。太陽系が誕生した46億年前の痕跡が残っているとみられ、その砂や岩石を採取できれば科学的に貴重な資料となる。

「はやぶさ2」は、基本的には「はやぶさ」で行ったミッションを踏襲します。ただし、より確実にミッションを行えるよう、信頼性を高める様々な改良が加えられています。またその一方で、小惑星表面に人工的なクレーターを作り、地下のサンプルを持ち帰るといった、新しい技術にも挑戦していきます。太陽系天体探査技術を向上させることも、「はやぶさ2」の重要な目的です。

「はやぶさ2」が目指す小惑星は、(162173)リュウグウです。リュウグウはC型の小惑星ですが、太陽系が生まれた頃(今から約46億年前)の水や有機物が、今でも残されていると考えられています。地球の水はどこから来たのか、生命を構成する有機物はどこでできたのか。そのような疑問を解くのが「はやぶさ2」の目的です。また、最初にできたと考えられる微惑星の衝突・破壊・合体を通して、惑星がどのように生まれたのかを調べることも「はやぶさ2」の目的です。つまり、「はやぶさ2」は、太陽系の誕生と生命誕生の秘密に迫るミッションなのです。

「はやぶさ2」は2014年12月3日に打ち上げられました。2015年12月3日の地球スイングバイを経て、2018年6月27日に小惑星リュウグウに到着しました。そして、2019年末にリュウグウを出発し、2020年末に地球に帰還する予定です。「はやぶさ2」の新たな挑戦により、太陽系天体への往復探査技術を確実なものにするとともに、太陽系誕生や生命誕生の秘密にさらに近づくことができると期待しています。







先日、40代の早期退職での人材好循環による企業力の底上げの話題に触れた。
今度は、優秀な新卒人材を獲得するのに思い切って高待遇でIT企業が勝負に出た。

これにもGAFA等アメリカの企業の台頭が影響しているという。
厚遇で日本も含め世界の人材を集めているからだ。

現在大学新卒の平均年収は280万円程度と言われる中IT企業や男性医師で400万円と言われている。
全体的に未だ男性新卒の平均年収が女性を20万円上回る。


NECは優秀な研究者には新入社員でも年収1000万円以上を支払う制度を導入する。
富士通はカナダのAI子会社で役員待遇の報酬を検討する。

NECは2019年10月から、社外の評価を反映して若手研究者の報酬を決める制度を導入する。
新制度では新卒でも学生時代に著名な学会での論文発表などの実績があれば、1000万円」を超える報酬を支給する。
現状も優れた研究者を管理職に抜擢し、年収2000万〜3000万円程度を支払う例もあるが、20〜30歳代は対象外だった。年齢を問わず能力や実績を考慮して決める等級制度を新設する。

富士通はAI人材をグループ全体で20年度に現状の7割増の2500人規模に増やす。カナダに2018年に設立したAI子会社では、優れた人材を日本の役員並みの年収数千万円でこうぐうし、人員を200人程度増やす。

ソニーは2019年度から先端技術に強い新卒社員の年間給与最大2割増しにした。
NTTデータは2018年からトップ級のIT人材を狙い、年収2000万〜3000万円以上を支給する制度を始めた。
LINEも優れた若年技術者に1000万〜2000万円をだす。


「取引先からお約束の日時を変更してほしいと電話で連絡を受けました」
「了解しました」
ウェルビーが展開する障害を持つ人を対象にした電話応対の研修風景だ。
企業のオフィスをイメージした室内で6月下旬、障がい者約20人が営業資料の作成やパソコンの使い方など事務作業をテーマにした研修を受けていた。

ウェルビーは直近の3年平均のROE(自己資本利益率)が64.3%と100億円以下の上場企業978社の中でダントツトップである。(直近4年間のデータが取得できる企業を対象)

2011年に創業し、障がいを持つ人向けの就労移行支援施設を全国で約70拠点運営する。職業訓練や求職活動の支援に加え、職場定着支援も手掛ける。

2019年3月期にウェルビーの研修を受けて就職した人数は785人で、3年前に比べ2.6倍に増えた。精神疾患や身体障がい、知的障がい等様々な課題を抱える人々を支援する。

強みは就労後の定着率の高さ。2018年9月までの1年間に就職した利用者のうち、6ヵ月以上定着した割合は87.2%に上る。

職場の担当者と定期的に連絡を取り、障がいの特性に応じた接し方や指示の出し方などをアドバイスする。利用者の7割が未経験の職種に就職するだけに、きめ細かな支援が欠かせない。



いよいよ火星進出も視野に入ってきたようだ。

宇宙船アポロ11号が月面に着陸して、人類が初めて月面に降り立ってから50年がたった。
アメリカは2024年までに再び宇宙飛行士を月に送り込むと宣言。

21世紀は民間企業も巻き込んだ国際協力で月を開発し、さらに火星等への進出も視野に入れる。

アメリカ航空宇宙局(NASA)が公表したのが「アルテミス計画」

アメリカとソ連冷戦下、ソ連に後れを取ったアメリカの国の威信をかけた巨大プロジェクトが1969年以来、
およそ半世紀ぶりの月面着陸を目指すのは、月の周回軌道に新たな宇宙ステーション「ゲートウエー」を建設する。



ゲートウェイ構想はアメリカ主導のもと国際宇宙ステーション(ISS)、日本、欧州、ロシア、カナダの国際協力の枠組みをベースとして建設する見通し。NASAの計画では2024年までにゲートウエーを月の周回軌道に造る。2024年に「アルテミス3」ミッションとして宇宙船を打ち上げ、宇宙飛行士はゲートウエーで月着陸船に乗り換えて月に向かう。毎年続け2028年にはゲートウエーを完成させる。

日本は宇宙航空研究開発機構(JAXA)がNASAや欧州、カナダ、ロシアの宇宙機関と協議し、ゲートウエーの物質補給機と居住棟の開発を担う方向で検討を始めた。
ISSに物質を運ぶ無人輸送機「こうのとり」やISSで宇宙飛行士が大祭する実験棟「きぼう」などで培った技術を応用する。居住棟は欧州宇宙機関(ESA)と共同で建設する見通しだ。


大企業で定年前の退職を募る早期退職が増えている。
2019年1月から6月には上場企業の17社が合計で8200人の早期退職を発表し、
2018年を上回った。

退職応募者側も人生100年をにらみ早期にキャリア再設計に動く中高年が増えている。
このペースでいくなら2019年は2013年以来1万人を超えそうだ。

まず45歳以上を対象にした退職者が増えている。
コカ・コーラで950人、中外製薬170人、富士通2850人、カシオ計算機150人、アルペン350人、エーザイでは募集見込みの3倍など、なかでも製薬系は業績不振とかではなく、中外製薬は純利益が2期連続顔最高を達成したばかりだが「デジタル化で経営環境が大きく変わり、従来の専門性や技術で競争力を維持するのは困難」という。

そうかといえば中高年は転職が困難とされていたが、
スタートアップ企業の引き合いも強く過去の常識が崩れつつある。

総務省の労働力調査では、2018年の転職者数は329万人で8年連続で増えた。
年齢別では45歳以上の転職者が124万人で5年前に比べて3割増えている。

日本人材紹介事業協会がまとめた人材紹介大手3社の実績でも41歳以上の転職者は5028人で前年比40%も増えている。世代別でもっとも多い。

中途採用市場の広がりは、50歳上にも勇気を与えてくれるのか。
とにかく年功序列ではなく実力主義の評価にようやくなってきたという事かもしれない。

とすれば例え初任給が上がってきている業界でも、若手はのんびり仕事を覚えていたら土壇場で人の入れ替わりは激しくなるかもしれない。



とうとう国立大学が生き残りをかけて勝負に出てきた。
大阪大学発スタートアップのステムリムが5日東証マザーズへの上場承認を得た。

患者負担やコストを抑えながら、臓器や組織の損傷を人間の治癒力で回復させる独自技術を開発する。

上場時の時価総額は1533億円程度を見込み、関西発のスタートアップでは異例の企業価値が10億ドルを超すユニコーン級の大型上場だ。
完全に世界レベルで「大阪大学」を有名にし、自由を独り占めにする気だろうか。

ステムリムが開発するのは「再生誘導医薬」という独自の治療薬で、脳梗塞や心筋症などの患者に投与する。
骨髄から細胞の修復を促す幹細胞を血液に引き出し、損傷組織に集め再生させる効果を見込む。皮膚がはがれる難病の表紙水疱(ひょうしすいほう)症や脳梗塞の治療に向け、大阪大学や塩野義製薬と患者への有効性を確かめる第2段階の臨床試験(治療)に入った。

上記の治療内容は私(瑚心すくい)には理解不能ですが、同じ国立大学の京都大学の山中教授はマラソンまでやって祖金を地道に集めているのに、どこが、何が違うのか知りたい。


企業価値が10億ドルを超える未上場企業を「ユニコーン」と呼ぶ。
日本ではAI開発のブリファード・ネットワークす(東京)が知られ、上場時の時価総額が(企業価値)が1兆円を超すとの試算もある。

同社に続くユニコーン予備軍の登場がスタートアップ業界の注目の1つだ。
日本経済新聞社の「NEXTユニコーン」調査では企業価値(2018年10月時点)が30億円を超えた関西のスタートアップでは化学品製造技術開発のマイクロ波化学(大阪)や駐車場シェアのakippa(大阪)などに限られる。
ただ関東に拠点を置くスタートアップとは額でも者数でも差がある。

関西はIT系企業が少なく、モノづくり系以外で関西で目立つのは、2002年に上場したアンジェスや顳丕唳挧Υ慙技術を支援する顳丕咼檗璽織襦糞都)などバイオベンチャーだ。

足元では関西でも大学の基礎研究を実社会につい投げるための企業が相次ぎ、大企業との連携が進むなど成長の土壌は整いつつある。まずはこの仕組みを軌道に乗せることがユニコーン候補を増やす条件になりそうだ。
(日経新聞・宮住達朗氏)


文部科学省は2018年度の男女共同参画白書を分析し、理系女子が少ない理由を結論付けている。

(女子は男子よりは国語好きが多いが,小学生女子は国語より理科が好き)


学力不足というわけではない。2015年にOECD(経済協力機構)が実施した15歳の生徒を対象にした学習到達度を測る調査によると、日本の女子生徒の科学と数学の学力は国際平均より高かった。

内閣府は女性が理工系に進まない理由として、模範や手本になるような「身近なローモデルの不在」をあげる。

研究者の女性比率は少なく、総務省の2018年の調査では研究者全体のうち16%にとどまる。1998年の10%からは増えたが、英国38%、米国33%、ドイツ28%、韓国20%の諸外国と比べると低い。

記事を読む限りでは、大学卒業後の仕事を巡る環境も学部選択に影響を与えている、としている。
女性の働き方を2015年の国立社会保障・人口問題研究所の調査では、第1子出産時に女性の約2人に1人が離職している。
出産や育児で仕事を続けるのが難しくなることを想定し、女性は再就職に備えて資格を重視する傾向がある。そのため、大学進学時に看護学や薬学などの志望者が多くなるという。

白書では理系女子を増やす方策として、学んだ知識が社会でどのように役立っているかを理解させる環境づくりが必要だとしている。例えば、女子学生のキャリア教育の充実や女性研究者との交流などを掲げている。

九州大学では2009年度から優秀な女性研究者を採用する制度を開始し、2010年度には玉田薫教授が採用された。研究室では女子学生の方が博士課程で進学率が高いという。

政府も約760団体と協力し、女子生徒向けに職業体験や実験教室などを開き、理工系に関心を促そうとしている。

☆ここまでは日本経済新聞社・中島沙由香氏の記事から抜粋している。

今回は日本学術会議でSDGsと学術会議の関わりの重要性を議論すべき?という事の一説をテーマにする。

冒頭に、
日本学術会議は、社会の中での学術のありかたについて考え、社会のための学術の推進に取り組み、多数の「提言」を発表しています。
それらは国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」とも密接に関わっています。
SDGsとは、世界共通の社会的課題にとりくみ、人類全体のウェルビーイング(幸せ)を達成するための17の国際的目標です。
と、書かれています。

この認識の上に目標別部会が行われ一定の学術の方向性を議論しているのでその一説をテーマにするという事です。

目標5:ジェンダー平等について
ターゲット:「ジェンダー平等」をもっと包括的に
      性的マイノリティの権利保障をめざして―婚姻・教育・労働を中心に―

LGBTというキーワードは近年社会的価値を高めてきた。
しかしここへきて、こと「ジェンダー平等」というテーマになるとLGBTの平等性にも言及することになっている。
例えば呼称、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)のことをLGBTというひともいればLGBTIやLGBTQIという方もいる。

どうでもいいことのようでそうではない。
それは当事者の事を考えるとQやIが置き去りになっているからである。

Qは昔は差別的な言葉として位置づけられていたが、近年クィア&クゥエスチョン、つまり「変わり者」的な表現から字分の性がどこに位置づいているのかわからない方の事をいうようになった。

またIはIS・インターセクシュアル(性分化疾患)、これは生まれつき男性の性器と女性の性器両方を持って生まれた方の事をいいます。れっきとした疾患です。このIをLGBTに入れる入れ内の議論があるにしても、セクシュアルマイノリティの広義の意味では日本学術会議では入れるべきと判断しかねているようである。

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM