厚生労働省は、人生100年時代を見据え、何歳になっても学び直し(リカレント教育)ができる環境を整備すべく、それぞれのライフステージにおいて多様な課題やニーズを有する人々の受皿となるリカレント教育関連施策の推進を検討していく。
ゞ軌薹盈給付の拡充
専門実践教育訓練給付の対象となる講座の期間を最長4年に拡充し、専門職大学等の課程を追加するとともに、一般教育訓練給付についても拡充する。
短時間労働者等への支援の拡充
雇用保険に加入できない短時間労働者やフリーランスなどの方々を対象に、正社員就職を目指す職業訓練コースを充実する。
3悗喞召靴できる環境整備の強化
長期の教育訓練休暇制度の普及を図るとともに、時間の制約の多い社会人の学び直しに資する教育訓練プログラムの開発を進める。
っ羚眷齢期をも展望に入れたキャリアコンサルティングの推進
労働者が企業内で定期的にキャリアコンサルティングを受ける仕組み(セルフ・キャリアドック)の普及を加速させる。 等・・・。
そもそもであるが、立命館大学教授:前田信彦博士(社会学者)著論文である「欧州における長期休暇制度」から認識される日本の政策は、欧州では以前よりリカレント教育によるキャリアブレイクのための長期休暇取得はスウェーデンやフランスでは成果を上げており「サバティカル休暇」として定着している。
それを日本で既に導入している企業もあるが元来日本における有給休暇取得率は低く罪悪感さえ持たされる企業が多いのも事実である。しかし終身雇用制による人材囲い込みはグローバル競争の激しい現代社会では企業の存続が危ぶまれる筈であり、企業内研修による人材育成もマンネリ化を招いているのではないかと案ずる。
総じて「人」というのは常に成長を欲しているものであり、新鮮な環境による学びは人格形成にも寄与するものだと思う。企業は常にデメリットを優先しがちだが「育メン」でも同じことが言え、企業負担(有給)で従業員が企業内に捉われない人間の幅を広げることによる人財育成は企業の発展と社会に貢献するものだと確信する。


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM