幼い頃から性別に違和感があって
もがき悩み葛藤しながら人生を歩んできた。
そんな自分と向き合う幾度となく機会はあったが、
“性格の問題”だと言い聞かせ“気持ち”で何とかしようと
男性として結婚もし、女の子も生まれて良い子に育ってる。
しかし結局は性同一性症を悩むあまりに躁うつ病にも悩まされ続けた。
だが死と向き合った3年前を切っ掛けに
カミングアウトして女性として生まれ変わった。
ただ頑張ってはいるが試練は未だ続いている。
胸を張って生きているつもりが絶対大衆群に戦いてしまうこともある。
一昨年末から1年丸々どん底で、今でも色々尾は引いているが
それでも、私は起業と仲間から絶対目を背いて人生は歩めない。
通院している精神科医先生とジェンダークリニックの先生方は
雑談しながら笑い、叱咤激励してくれている。
そんな3年間。先月、40年ぶりに中学生の恩師と再会し、
私はタイムスリップした。先生も満面の笑みで昔を語った。
そんなある日があってから母親が好きで作った形見の人形さん達に
幼少期や中学生の頃の思いを、母親と思って語り合う事が度々ある。
それから私はちょっと変わった。
トラブル続きの中、新しく貰った薬のせいもあってか前向きになり、
思春期で性別を一番悩んだ自分と向き合う事が出来た。
ようやく生まれて55年経って、私本人と出会う事が出来た。
こんな事云うと非難を浴びるが今思う。
自分らしい自分が、今大好きである。
これからも人生を歩む中、些細な支援になるかもしれないが
一人でも多くの方々に同じ思いを感じて欲しい。

こころ未来社会学国際共生研究所
続きを読む >>

facebook 一般社団法人ココロ未来学院のグループを公開しました。 思いのある方なら、どなたでも参加できます。 https://www.facebook.com/groups/kokoro.Social.Generation/

日本総人口と労働人口(15歳から65歳)の減少は深刻で社会生活の安定を大きく妨げる要因であります。片や課題解決策の一環としてダイバーシティ推進について行政側から、様々な角度の取組み施策が浸透していく中、社会福祉に直結する現法制、厚生労働省の「障害者雇用促進法」の企業負担課題、「生活困窮者自立支援法」の中間就労支援施策の停滞、2015年12月に施行される「労働安全衛生法改正」では50人以上の従業員が在籍する企業でのストレスチェックの義務化等により企業(経営側)の更なる業務負担感増は否めないと考えています。
 一方、国際労働機関(ILO)の憲章引用「いずれかの国が人道的な労働条件を採用しないことは、自国における労働条件の改善を希望する他の国の障害となる」とされており、EU諸国との比較では未批准条約が日本は断然低く、先進国である立場の日本の人道的視点は社会的課題であると言えます。
 つまり「労働者の人権」と「メンタルヘルス向上や改善」に対する取り組みは、日本において内閣府を始めとした厚生労働省、文部科学省、経済産業省等の法律施行・改正の度に、企業がCSR(社会的責任)、企業コンプライアンス、コーポレートガバナンスをうたっても、長時間労働や人間関係ハラスメント等による高ストレスやうつ病での長期休暇や過労自殺の実例をみても多くの社会的犠牲者の割合が大きく減ることはないのが現状です。
 私はCSRが社会貢献につながるためには、企業が率先するだけの社会ではなく、労働者(従業員)一人一人が如何に地域貢献に参画することで本当の意味での「社会的課題」を肌で感じ、そのエンパワメントが企業内で反映することで企業のCSV(共通価値の創造)が構築されるべきと感じています。
 そのためには、国の政策でもある「女性の平等な社会進出」「子育て支援・子どもの貧困」「ライフワークバランス」「障がい者雇用」「若者や外国人の雇用機会」「生活困窮者の自立」「自殺防止対策」等を生きた施策として日本国発展に寄与させるためには、企業、団体に務める“労働者のこころの健康”の充実を追求することに意義があると考えます。 2年後、3年後には企業が多様(ダイバーシティ)な人材を受け入れ、多様な働き方や多様な職場の提供を目指すならば、住民主体の街づくりの実現、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現は大いに身近なものになる筈です。

 当法人は「世界中の誰もが学べ、安心して働ける社会〜多様性と共生社会実現に向けて〜」をテーマに活動しています。そして社会的自立困難な若者の学習や就労を促進することで、当事者が社会と自律的に向き合い社会参加することを支援する事を社会的使命としています。  当校は不登校の中学生・高校生が通信教育高等学校へ通いながら文部科学省が定めるところの技能連携校(フリースクール)としての役割により、多くの青少年の「世代に合わせたキャリアカウンセリング」を通して「自己肯定感を向上させる為のキャリア教育」を実践することを理念としてきました。今後はよりグローバルな人材育成が先進国としての課題であり、持続可能な開発のための教育(ESD)を研究実践することで円滑な社会への人材循環を促進できるユネスコスクールにしていきたいと思います。  そのためには地域が抱える社会的課題を障害者や不登校者、外国にルーツを持つ者、貧困世帯者、未就労者、学生や社会人に関係なく多様性と共生社会のうえに学び合い取り組む居場所を構築することで、より持続可能な企業のCSV(creating shared value共通価値の創造)に順応できる人材、CSR(corporate social responsibility社会貢献への責任)が推進できる人材、持続可能な開発のための教育(ESD)によるキャリア教育を促進することに社会的意義を持ち、ディーセントワーク(decent-work働きがいのある人間らしい仕事)社会を目指せる人材育成を国際社会での役割であると考えています。

キャリア・カウンセリング 自己理解 自己理解はキャリアを合理的に選択する第1歩  ⑴.自己理解のプロセス .ャリアガイダンスにおける自己理解の意味(何のために) ⊆己理解の内容(何を) 自己理解の方法(どのようにして) ぢ定と評価(どう測るのか)  ⑵.ホランド(Holland,J,L アメリカ)   .曠薀鵐浜論  VPI職業興味検査(職業興味の6領域) Realistic (現実的) 機械や物体を対象 Investigative (研究的) 研究や調査   Artistic (芸術的) 音楽、芸術、文学 Social (社会的) 人に奉仕 Enterprising (企業的) 企画・立案、組織の運営 Conventional (慣習的) 習慣を重視

 人文科学の分野は大変幅広く、どのような視点で仮説を立て立証するための研究方針を「人権的視点」でアプローチしていく。国際労働機関(ILO)の憲章からの引用「いずれかの国が人道的な労働条件を採用しないことは、自国における労働条件の改善を希望する他の国の障害となる」とされており、EU諸国との比較では未批准条約が日本は断然低く、特に先進国である立場の日本の人道的視点は社会的課題であると言える。
 つまり「労働者の人権」と「メンタルヘルス向上や改善」に対する取り組みは、日本において内閣府を始めとした厚生労働省、文部科学省、経済産業省等の法律施行・改正施行の度に、企業がCSR(社会的責任)、企業コンプライアンス、コーポレートガバナンスを幾ら主張しても、多くの社会的犠牲者の割合は減ることはない。

 私はCSRが社会貢献につながるためには、企業が率先するだけの社会ではなく、労働者(従業員)一人一人が如何に地域貢献に参画することで本当の意味での「社会的課題」を肌で感じ、そのエンパワメントが企業内で反映することで企業のCSV(共通価値の創造)が構築されるべきと感じている。
 そのためには、国の政策でもある「女性の平等な社会進出」「子育て支援・子どもの貧困」「障がい者雇用」「若者や外国人の雇用機会」「生活困窮者の自立」「自殺防止対策」等を生きた施策として日本国の発展に寄与させるためには、企業、団体に務める“労働者のこころの健康”の充実を追求することに意義があると考える。
 企業が多様(ダイバーシティ)な人材を受け入れ、多様な働き方と多様な職場の提供を目指すならば、住民主体の街づくりの実現、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現は大いに身近なものになる筈です。
FACEBOOK<こころ未来社会学研究所>

機ゴ慇招経済の発展のための試金石を構築したい。
供セ些愆洩碓貘里箸覆辰匿雄牋蘋に取組む仕組みの提案、優秀な人材の確保は企業の地域貢献意識を上げることが優先課題です。そして産学官民ネットワークで大学生等のコミュニティを形成し若者の地域貢献参画を積極的に促進します。
掘ソ業のモチベーションを高めるディーセントワーク環境づくりと早期メンタルヘルス対策を考え労務課題改善の切掛けづくりが出来る人材を育成するワークショップを提案。
検ゼ匆馘に必要とされる当事業の理由、多様性と多文化共生社会の形成。
「誰一人置き去りにしない」社会の実現(国連:持続可能な開発17か条より)
后ゼ尊櫃砲匹譴世韻離法璽困あるかの根拠、2015年12月に労働安全衛生法改正で義務化されたストレスチェック。企業の労務環境を「見える化」するお手伝いを提案します。
察ィ鞠後には関西圏一番のCSV実践企業を目指していきたい。また7年後には次世代人材を育成するビジネス大学を設立したい。

多様性と共生社会実現に向けて
世界中の誰もが学べ、安心して働ける社会へ

「社会貢献のビジネス化」
 私たちは社会的自立困難な若者の就労を支援することで、当事者が社会と自律的に向き合い社会参加することに生き甲斐を感じることを目指しています。
 しかし社会では様々なストレスが積み重なった結果、職場で支障を感じてしまう労働者も多く、時として企業そのものの労務課題を改善する必要性がとても重要であると認識しています。
 従って私たちの職務は地域が抱える社会的課題を障がい者や外国人、大学生や社会人に関係なくともに学び合い取り組む仕組みを構築支援し、企業がディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を実践することでより持続可能な企業の経営基盤に順応できる人材、社会的責任において社会貢献のできるグローバルな人材の育成に結び付けていくことに社会的使命があると感じています。

今日は父と2人で京都西本願寺大谷本廟へ母の供養に朝から出かけてきた。
昨年、父と大喧嘩してから、何故かしら2人の距離感は良い関係になっている。
お互いに自己主張するところと思いやりを持つところのバランスっていうんでしょうか。あれから父も私の人格を認め、私も父を改めて尊敬するところを感じる。

私が5〜6歳の頃(福岡県博多)父は靴屋を営んでいた。ある時我が家(長屋アパート)は隣人の寝タバコで火事となり跡形もなく消えた。父と母は私に不安を与えないように気を使っていたと思う。その時、父は思い切って大手インスタントラーメンメーカーへ就職を決め大阪へ家族で人生をやり直しに来た。

今日は父とその頃の話。
「あの時は安藤百福社長から、靴屋さんと呼ばれていたなー。(へえ〜です)」
確かに父の転勤で私は小学校5つ・中学校3つ行った。父を恨むことはなかったが友人とすぐ離れ離れになることは残念で仕方なかったが・・・。
「当時、インスタントラーメンを取り扱う販路開拓を真っ先に任されとても苦労した。」と。
更に「現社長の安藤宏基氏は2代目として、いきなり海外勤務で大変やったが、国内では良く一緒に麻雀で負かした。」と父は自慢してた。
確かに、よく家に常務とか専務とかから電話がありました。
父親なりの英才教育なのでしょうか?
当時はたまの日曜日にそんな電話を切っ掛けに経営に関する色んな数字の説明を聞かされたもんです。

で、私もこの歳になってようやく経済や国策の話を父としている。78歳になった今でも市場分析力やビジネス論にはとても感心する。まだまだ越えられないな。
でも、そんなことはどうでも良い。私の方が当然長生きするのだから、学べるものは学んで次世代に引き継いていきたいと改めて思う本日でした。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

kokoro_sukui

kokoro_sukui2

Archive

Recommend

 (JUGEMレビュー »)


Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM